ザイザルの副作用

ザイザルの主な副作用は?

レボセチリジン塩酸塩を主成分とする抗アレルギー薬のザイザルは、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹、アレルギー性の皮膚炎などの治療に用いられます。ザイザルにはヒスタミンH1受容体拮抗作用があり、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが放出された時、H1受容体と結合するのを阻害してアレルギー症状の発生を抑えます。ザイザルの特徴として、吸収効率がよいので効果が早く現れる点があげられます。薬効が24時間続くため、1日の服用回数も1回で済みます。

成人が飲む場合、1回1錠を1日1回就寝前に服用します。主成分として5mgで、量は症状により増減されますが、1日の最高服用量は10mgです。7歳以上15歳未満の小児の場合は、1回に1錠の半分(主成分2.5mg)を1日2回、朝食後と就寝前に服用します。飲み忘れた時は2回分を一度に飲むような事はせず、1回分飛ばして構いません。

ザイザルは比較的副作用の少ない薬とされますが、軽い副作用に、眠気や頭痛、疲労や倦怠感、口が渇く、吐き気・食欲不振などが報告されています。飲酒によって眠気や倦怠感などの副作用が強まる可能性があるので注意して下さい。また、眠気を引き起こす事のある薬のため、自動車の運転や精密機器を扱う作業など、危険を伴う機械の操作は避ける必要があります。

重大な副作用としては、アナフィラキシー症状や呼吸困難、血圧低下、けいれん発作などがあり、皮膚や白目が黄色くなる黄疸の症状が出た時は肝機能障害が起こっています。他にも鼻血や歯ぐきの出血、血小板減少による皮下出血などが確認されています。これらの症状が副作用として現れるのは非常にまれですが、もしも重い副作用が発現した場合には、担当の医師または薬剤師にすぐに相談して下さい。

■花粉症の予防にこのお薬!
ザイザルで花粉症予防
■まとめ買いならこちらがおすすめ
ジルテック